Dolcissima Mia Vita

A Thing of Beauty is a Joy Forever

藺草慶子『櫻翳』を読む

藺草慶子の句集『櫻翳』(おうえい)を読みました。

黒板に数式のこる春の雪 

私が思い浮かべたのは、東北の地震のあと、生徒全員が避難したあとのがらんとした教室の情景でした。当たり前と思っていた日常からむりやり引きはがされたあとの、日常の名残のような黒板の数式。

けれどもちがうかもしれない。平凡な日常の中の、学年末の迫る春先のある日の、放課後の情景なのかもしれない。

春の雪の白とチョークの字の白。なごり雪のようにはかなく消える字。遠からず訪れる別れの日。

永き日の戸袋に戸のあつまりぬ 

 戸袋に材をとった俳句ははじめてでした。日が長くなって、雨戸を閉める時間がしだいにおそくなるころの、暗いはずの戸袋のなかまで、うっすらと光が射しているかのようでした。

降り出せる雨のひかりの針供養 

 針供養が春の季語というのは初めて知りました。「くれなゐの二尺伸びたる薔薇の芽の針やはらかに春の雨降る」という正岡子規の歌のような、柔らかい春の雨粒の光と、寿命を終えて供養される針の光が溶け合っているかのようです。

天麩羅にするあれこれや遠花火

これを読んでむしょうに天麩羅が食べたくなった私でした。季語は遠花火なのでしょうが、天麩羅には夏が似合いますね。かぼちゃやなすやシソの葉ししとうなど、天麩羅に向く色鮮やかな野菜はみんな夏の野菜。ささやかでもはなやかな夏の夕餉と、暗闇の奥に聴こえる花火の音。

恋せよと蜩忘れよと蜩

 大胆な句またがりで18音。一度読んだら忘れられない句でした。「恋」「忘」漢字が似ていますね。まるで恋することと忘れることが対義語かのように。

片腕を引き戻されし瀧見かな 

 滝をながめているうちに、死ぬ気がなくても、つい引き込まれそうになる。黄泉の国の入り口みたいな瀬戸際から、ふと現実に引き戻される。死とは、こんなふうにすぐとなりにあるのかもしれない。

一対のものみないとし冬籠 

一対のものにはどんなものがあるだろう。靴。箸。狛犬。目。耳。どちらか一方が欠けるだけでさみしくなってしまうもの。たがいに支えあうことではじめて自分と相手の存在を意味あるものにしている、そんなもの。

十人の僧立ち上がる牡丹かな

この句集の代表句としてあちこちに引用されている句です。不思議な感じがするのは十人という数の捉え方。一斉に立ち上がる僧を、ひとりふたりと数えて、十人。一息で数えるには多すぎる数。「鶏頭の十四五本もありぬべし」のような概数で捉えるのが自然でしょう。十人という数をすでに知っていたのか。藤木清子の「戦死せり三十二枚の歯をそろへ」に似た不自然な正確さ。輪郭のくっきりした数の、剃髪の僧が立ち上がる奇妙なインパクト。牡丹の花の白さとの対照。

 

凛としたたたずまい。ひとつひとつのことばを大切にいとおしむ。奇をてらわず、それでいて新鮮。そんな句集でした。ターナーの絵を配した装幀も美しい。読んでいる間、しばし幸福なひとときでした。ありがとうございました。

 

 

句集 櫻翳 (ふらんす堂俳句叢書)

句集 櫻翳 (ふらんす堂俳句叢書)

  • 作者:藺草 慶子
  • 発売日: 2015/12/01
  • メディア: 単行本
 

 

シェーンベルクの木管五重奏曲

お昼ごはんの支度をしながらシェーンベルク木管五重奏曲作品26を聴いていたら、妻が帰ってきたので、思わず「ごめん、変な曲聴いていて」と謝ってしまった。

「聴いている人に謝らせるような曲を書く人もどうかと思うわ」と妻。

それでもこの曲、なかなかチャーミングではないかと思うようになった今日このごろです。

20代のころ、ニコレやホリガーらの名手のアンサンブルのCDではじめて聴いたときはピンとこなかったのだけれど。

あらためて聴いて感じるのはあふれるような潑溂とした生気と諧謔。音楽をすることの喜び。

フルートがピッコロに持ち替える第二楽章など、踊りだしたくなるような躍動感です。ウインナワルツのようなリズムも聴こえます。

対位法の密度の濃い、各楽器に超絶技巧を要求するものでありながら、あくまでも軽やかで、なまめかしくもある。

十二音の音列とか難しいことはわからなくても、音楽そのものの魅力が、聴いていて伝わってくる。

第一楽章の冒頭の指示は Schwungvoll つまり「スイングして」


f:id:fransiscoofassisi:20200525175137j:image

これはジャズなんだな、と思った。ちょうどこの曲が作曲されている1920年代初頭、ジャズが流行りだして、ラヴェルストラヴィンスキーなど、多くの作曲家が影響を受けた。

シェーンベルク通俗的な音楽一般を軽蔑していたようだけれど、ジャズに無関心だったとは思われない。

 

楽譜の冒頭に献辞があって、Dem Bubi Arnold とある。

お孫さんのアルノルト(おじいちゃんと同じ名前)に献呈されたらしい。

12音技法を本格的に使った初めての曲を孫に捧げるというのが面白い。

おそらくまだ幼かったであろうアルノルト坊やがこれを喜んでくれると思ったのだろうか。

赤ちゃんのころから無調や十二音の音楽を子守唄のように聴かせたら、人はこれらをなんの留保もなく美しいと感じて口ずさむようになるのだろうか。

 

この曲が発表された1920年代初頭、まるで申し合わせたように管楽器のアンサンブルの傑作が世に出ている。

ヒンデミットやニールセンの五重奏曲。ヤナーチェクの六重奏曲「青春」。ストラヴィンスキーの八重奏曲。ベニー・グッドマンなど同時代のジャズの名手に触発されたのだろうと思われる。

 いま本が手元にないので記憶をたよりに書くけれど、先日『シェーンベルク音楽論』を読んでいたら、彼が日本の音楽をコテンパンにこきおろしていて、日本が戦争に負けてよかった、もし勝っていたらあのような没構造の低級な民族音楽が世界標準になっていたはずだから、と書いていた。ヒトラーのナチズムの人種差別を激しく非難して「ワルシャワの生き残り」をはじめとする告発の音楽を書いたその人が、音楽に関しては偏狭な差別主義者だったのは面白いことだ。

シェーンベルク民族音楽嫌いは一貫していて、たとえばベートーヴェンがラズモフスキー四重奏曲にロシア民謡を使ったことまで非難している。

 

 

You Tubeでみごとな演奏を見つけたので貼っておきますね


https://youtu.be/NrtmTu1PxY0

 

 

 

 

 

 

ひそかに歌う マリアン・コンソートの音楽

発売初日に切符を買って心待ちにしていた 英国のアカペラグループ、マリアン・コンソート Marian Consort の演奏会、今月の17日に予定されていたのが疫病の流行のために延期となり、がっかりしています。

それで、彼らの最新アルバムを買って、少しでも応援することにしました。

同じものを AppleMusic などでも聴けるのですが、彼らのサイトからCDを買うほうが少しでも助けになるかしらと思って。

CDを買うのは久しぶりでしたが買ってよかった。主宰のロリー・マクリリー Rory McCleery によるくわしい解説と羅英対訳の歌詞が鑑賞に役立ちます。


f:id:fransiscoofassisi:20200513132636j:image

”Singing in Secret" (ひそかに歌う)というタイトルのアルバム、英国後期ルネサンスの作曲家 ウィリアム・バード William Byrd の作品を集めたもの。

エリザベス女王とジェームズ一世の治世に生きた作曲家です。カトリック英国国教会に叛逆するものとして迫害され、露見すれば逮捕・拷問・死刑だったこの時代、カトリック教徒は神父を民家などに匿って、そこでひそかにミサを行っていた。ちょうど同じ時代の日本のキリシタンのように。

自身もカトリック教徒のバードが、宮廷の命で国教会の礼拝のための音楽を書く一方で、このようなカトリックの非合法のミサのために多くの曲を書いたばかりでなく、危険をおかして出版までしていた、その中からラテン語のミサ曲とモテットを何曲か選んで、このアルバムに収めています。

冒頭の Miserere Mei (あわれみたまえ)は、処刑される直前のイエズス会神父が唱えたという詩篇の詩句をテキストに。

最後の Infelix Ego (不幸なるわが身)は、教皇を批判したかどで破門されたジローラモサヴォナローラが、やはり処刑直前に書いた詩をテキストに。

特にこの二曲から聴きとれるのは、自らの弱さの自覚と絶望を通しての希望、弾圧にもかかわらず信仰を貫こうという強い意志です。

去年の八月に録音されたというこのアルバムは、人々がひきこもりを余儀なくされているいまの世界を予告しているかのように思えます。

もしかしたら、この音楽は、大勢人の集まる演奏会場ではなく、孤独な部屋で静かに聴かれることを望んでいるのかもしれない。

ひっそりとひきこもり、未来へのはっきりした希望のもてない、この不確かな日々、ウィリアム・バードの音楽はなおさら切実に、心に響いてくるような気がします。

 

 

 

 

「七日間ブックカバーチャレンジ」やってみました

インスタグラムで #7日間ブックカバーチャレンジ というものに声をかけていただいたのでやってみました

 

https://www.instagram.com/p/B_wJhbODlwx/

naoya matsumoto on Instagram: “Voici des fruits, des fleurs, des feuilles et des branches Et puis voici mon cœur qui ne bat que pour vous. (Verlaine, "Green")…”

Voici des fruits, des fleurs, des feuilles et des branches
Et puis voici mon cœur qui ne bat que pour vous.
(Verlaine, "Green")
ほらここに、くだもの、花束、葉っぱと枝と
そしてこれは僕の心臓、君のためだけに脈打つ

#7日間ブックカバーチャレンジ
1日目はヴェルレーヌの詩集です。

大学に入学してまもないころ、クラブ勧誘でにぎやかな構内で、ある音楽系のサークルに足を止めて話を聞いているとき、黄色い表紙のフランス語の詩集を静かに読んでいる、細面で大人びた人がいて、あとからわかったのですがそれは同じ学科の先輩で、あ、ヴェルレーヌ!と言ったら、好きなんだね、じゃあこれあげるよ、とその場でくださったのがこの本。
表紙も傷んでページも黄ばんでしまっても、いまだに手放せない一冊です。
#7daysbookcoverchallenge #bookcoverchallenge #verlaine #poemes #green

 

https://www.instagram.com/p/B_yi2H5JgR8/

naoya matsumoto on Instagram: “#7日間ブックカバーチャレンジ #立夏 なので2日目は夏らしい本を選んでみました。 明治末期から昭和初期にかけて雑誌「ホトトギス」に掲載されたなかから高濱虚子が精選して編んだアンソロジー。 なかなか手に入りにくく、長らく春の部しか持っていませんでしたが、先日ようやく夏と冬を。…”

 

#7日間ブックカバーチャレンジ
#立夏 なので2日目は夏らしい本を選んでみました。
明治末期から昭和初期にかけて雑誌「ホトトギス」に掲載されたなかから高濱虚子が精選して編んだアンソロジー
なかなか手に入りにくく、長らく春の部しか持っていませんでしたが、先日ようやく夏と冬を。
季題別で掲載年順に無造作に並んでいますが、偶然隣り合わせになった句どうしが響き合いこだましあう。アンソロジーの醍醐味です。
やがてホトトギスから離れることになる秋櫻子や誓子や草田男をはじめとする有名な俳人の有名な句と、無名の俳人たちの無名の句(私が知らないだけかもしれないけれど💦)が、なかよく並んでいるのもよい。
目に止まったのをいくつか

産み細りせし吾いとし更衣(椋みづな)
泣きやめばみめよき子なりゆすら梅(風間八桂)
目にのこる夢のひとふし髪洗ふ(桜井節子)

#7daysbookcoverchallenge #俳句 #アンソロジー#読書 #ホトトギス #高濱虚子

 

https://www.instagram.com/p/B_1EBX4DfAA/

naoya matsumoto on Instagram: “No day copies yesterday, no two nights will teach what bliss is in precisely the same way, with exactly the same kisses. (Wisława…”

 

No day copies yesterday,
no two nights will teach what bliss is
in precisely the same way,
with exactly the same kisses.
(Wisława Szymborska, "Nothing Twice") 
きのうのコピーのような日など一日もなく
まったく同じふうに
まったく同じキスで
至福をもたらす夜は二つとしてなく。
ヴィスワヴァ・シンボルスカ「ふたたびはなく」) 

 

#7日間ブックカバーチャレンジ
3日目は、ポーランドの詩人ヴィスワヴァ・シンボルスカの詩集です。
この詩のように、一回きりの、偶然の、無名の個別性を、知性とユーモアを感じさせるやさしいことばで紡ぐ詩人。
大きな主語で語られる誇張にみちた一般化からはこぼれ落ちてしまう、ささやかだけれど唯一無二のものへの優しい視線。
日本語訳がいまひとつしっくりこなくて、しかたなく英訳を横に置いて読みながら、本当はポーランド語で読まなければなあと思って、少しずつ勉強していますが、発音も変化も複雑で、いっこうに上達しません。
上の詩の原文はこちら

Żaden dzień się nie powtórzy,
nie ma dwóch podobnych nocy,
dwóch tych samych pocałunków,
dwóch jednakich spojrzeń w oczy.

「キス」にあたる単語は pocałunków ポツァウンクフ
Kiss me. は Pocałuj mnie ポツァウイ ムニェ

#7daysbookcoverchallenge #wislawaszymborska
#poems #poetry #lecture #読書 #詩 #シンボルスカ

 

https://www.instagram.com/p/B_3hUVqjfPa/

naoya matsumoto’s Instagram post: “#7日間ブックカバーチャレンジ 4日目は、夢野久作の歌集。 私にはとてもまねできないような、すこし風変わりな魅力のある歌を詠むお友だちがおられて、その方が愛読していると聞いて買い求めた本です。…”

 #7日間ブックカバーチャレンジ
4日目は、夢野久作の歌集。
私にはとてもまねできないような、すこし風変わりな魅力のある歌を詠むお友だちがおられて、その方が愛読していると聞いて買い求めた本です。
不穏で怪奇な表紙の絵、幻想的な異界を覗くような挿画、凝りに凝った文字のフォントも装幀も好み。
ドグラ・マグラをはじめとするグロテスクでアナーキー夢野久作の世界、そしてそれをもうひとりの夢野久作が外側から眺めてせせら笑っている、そういう世界が、短い歌のひとつひとつに凝縮されて、読むうちに背筋が寒くなるような。
「まるで崖の突端のようで、使わずにしまい続けた毒薬のよう」という編者の解説、ほんとにそのとおりだなと思います。

骸骨が
曠野をひとり辿り行く
行く手の雲に血潮したゝる

2日目に紹介したホトトギスのアンソロジーと同じ時代なのに、なんと違う世界だろう。
#7daysbookcoverchallenge #夢野久作 #短歌 #猟奇歌 #読書

 

https://www.instagram.com/p/B_6FSGQDKUd/

naoya matsumoto on Instagram: “#7日間ブックカバーチャレンジ 5日目は、アルンダティ・ロイ Arundhati Roy の『小さきものたちの神』。 . . . 本を読んで泣いたのは久しぶりでした。 図書館で日本語訳を借りて読んで、あまりにもすばらしかったので買い求めた原書がこちら。…”

#7日間ブックカバーチャレンジ

5日目は、アルンダティ・ロイ Arundhati Roy の『小さきものたちの神』。


本を読んで泣いたのは久しぶりでした。

図書館で日本語訳を借りて読んで、あまりにもすばらしかったので買い求めた原書がこちら。

少年が言葉を発しなくなったこと、少女が突然亡くなったこと、一家の離散... いくつもの謎が、時系列を前後しながらすこしずつ解きあかされ、すべてが解けたあとの最終章で回顧的に語られる、浄穢をないまぜにして流れる川のほとりでの夜の逢瀬のくだりがせつない。

明日には世界が全く変っているのであっても「また明日ね」と言って別れる二人。

足跡さえ穢れているといわれて、後ろ向きに足跡を消しながら歩かねばならない不可触の階層の男性の、浄穢の垣根をやすやすと越える大胆とすがすがしさ。それがどんなに悲劇的な結末をもたらし子どもたちに傷を残したとしても。

物語は8歳の子どもの目を通して描かれます。子どもにとっては浄穢も差別も関係なく、無邪気に境界を越えて会いに行く。会ってみれば素敵な人なのに、なぜ人は垣根を作ってしまうのだろう。

誰を愛していいか、誰を愛していけないかなどのきまりには、何の根拠もないはずなのに。

雨季の南インドの、圧倒的に豊かな自然の描写が心に残ります。

まるで英語と戯れているような、英語の文法をからかうような、ことばあそびに満ちた文体も魅力的。インドの多くの人がそうであるように、英語といくつかのインドの言語を同時に身につけている言語環境が、英語を客観的に相対化して茶化すことを可能にしているのかもしれないと思いました。

#7daysbookcoverchallenge #読書 #小説 #arundhatiroy #アルンダティロイ #reading #lecture

 

https://www.instagram.com/p/B_8rnsXDfhH/

naoya matsumoto on Instagram: “#7日間ブックカバーチャレンジ 6日目は、鈴木るみこ『パリのすみっこ』 光沢を抑えた柔らかい色調の写真、象牙色の優しい色合いの紙の美しい本です。…”

 

#7日間ブックカバーチャレンジ

6日目は、鈴木るみこ『パリのすみっこ』

光沢を抑えた柔らかい色調の写真、象牙色の優しい色合いの紙の美しい本です。

いわゆる名所案内ではなく、つい見過ごしてしまうような普段着の町のすみっこに息づく「永遠なもの」を丹念に拾い上げて書かれた、パリという憧れへのオマージュ。

印象的なのは、取材相手のふところにふかく入ってとっておきの話をひきだすやりかた、それを過不足のないことばにうつしかえるところ、そしてきらりと光る締めの一文です。

鈴木るみこさんは大学の同じ学科の同級生で、いっしょにフランス語を勉強したのでした。短い言葉を交わす程度で、あまり親しくはなかったけれど、涼しい目もとのかわいらしい方でした。一緒にフランス語劇に取り組んだことはよく覚えています。

私が進路に悩み、労働をしたくないというだけの理由で大学院進学をめざしているころ、有名な雑誌社への就職を決めていたるみこさんは、近寄れないほどまぶしい存在に映りました。

卒業後はそれきりになって。

訃報を知ったのは同窓会のメーリングリストによってでした。まぶしく若いるみこさんしか記憶になく、すぐには信じられませんでした。

雑誌社をやめてフリーになり、フランスにわたってさらに経験を積み、雑誌クウネルの創刊にかかわり、編集者として、ライターとして、多くの人々の心に残る仕事をしていたことを知ったのはそのあとのことです。

読書、物書き、庭の花、おいしいもの、鎌倉、パリ... 彼女の関心領域をたどると、私自身のそれにあまりにも近いことに驚きます。

再会していたら、どんな話をしていただろう。

るみこさんが亡くなったのは5月の今頃だったとうかがいました。

2018年5月6日を最後に途絶えたるみこさんのインスタグラムを見ながら、彼女の好きだったという庭の薔薇を飾って、本を読み返しています。

#鈴木るみこさん #鈴木るみこ #読書 #bookcoverchallenge

 

https://www.instagram.com/p/B__NByKjS_i/

naoya matsumoto on Instagram: “#7日間ブックカバーチャレンジ 7日目は、ラファエル前派の女性たちをめぐる美術論です。 画集のような大判で、図版がいっぱいあって、画質もきれい。絵にばかり目を奪われて、文章の方はあまり読んでいません💦 それでもたまに文章を読むと面白いことが書いてある。…”

 

#7日間ブックカバーチャレンジ
7日目は、ラファエル前派の女性たちをめぐる美術論です。
画集のような大判で、図版がいっぱいあって、画質もきれい。絵にばかり目を奪われて、文章の方はあまり読んでいません💦
それでもたまに文章を読むと面白いことが書いてある。
ジョン・エヴァレット・ミレイの「りんごの花」Apple Blossoms という絵(2枚目の画像)

 

f:id:fransiscoofassisi:20200511150904j:plain



りんごの樹の下でピクニックをする女性たちの右端に場違いに置かれた鎌は、すべてを刈り取り奪い去る無慈悲な「時間」の象徴
咲き匂う花々も、若く美しい女たちも、いつかは色あせて、時間という鎌に刈り取られるだろう、ということを意味しているそうです。
そういえば中世のメメント・モリの絵では、骸骨が鎌をふるう不気味な絵柄が流行したのでした。ペストが猛威をふるい、死が身近にあった時代。
近代文明が栄えて、死亡率が下がった今も、死はひっそりと私たちの近くに身をひそめているのかもしれない。この鎌のように。

7日間おつきあいいただきありがとうございました。

#bookcoverchallenge #preraphaelite #preraphaelitewomen #janmarsh #ラファエル前派 #読書

全世界を流謫の地とすること

12世紀の哲学者 ユーグ・ド・サン・ヴィクトル Hugue de Saint Victor (サン・ヴィクトルのフーゴーと表記されることもある)の著作をぼつぼつ読んでいる。

パリのサン・ヴィクトル修道院で活躍したこの人は、有名なピエール・アベラール(エロイーズとの恋愛沙汰で知られる)の同時代人。

その中にこんな一節があった。

Delicatus ille est adhuc cui patria dulcis est; fortis autem iam, cui omne solum patria est; perfectus vero, cui mundus totus exsilium est.

祖国が甘美であると思う人はいまだ弱い人にすぎない。けれども、すべての地が祖国であると思う人はすでに力強い人である。がしかし、全世界が流謫の地であると思う人は完全な人である。(『ディダスカリコン』19章)

 

なんとかっこいい文章を書く人だろう。日本スゴイなどと自慢する人々が哀れに卑小に見えてくる。どの国に属していようと関係ない。故郷だの祖国だのは自らの小さなエゴの投影でしかない。個別的で偶有的なものから自らを解き放って、広く普遍的な視野の中で自らの位置を相対化させるのが哲学的なものの見方だろう。

同じような考え方は、約1世紀後、13世紀ペルシャの詩人ルーミーにも見られる。英語訳で引用する。

I am free, free, I am free because I am in love with Allah.

I am in love with my Creator,

Slave to no human, I am the servant of my love Allah.

There is nothing to tie me down.

 

祖国を愛するとはそれに縛られて奴隷になること。勤労や納税の義務を負わされること。それはほんとうに自由な生き方とは言えない。

キリスト教イスラム教の境界を超えて、このような自由な世界観が共有されていたのは面白い。もちろんこの時代、近代的な国民国家などはなく、国境はもっとゆるやかで、だからこそキリスト教圏とイスラム教圏の間に豊かな知の交流が可能だった。

いまの時代、国家に属さずに生きるのはほとんど不可能で、地球上にすき間なく国境がはりめぐらされ、パスポートなしでそれを超えることもできない。息苦しい。

物理的に国家から自由になれなくても、せめて心の中で、どの国にも属さないように生きてみたいと思う。

 

 

 

清明に生まれて

16年前のきょうは肌寒い曇りの日だった。日曜日で仕事は休みで、みんな家にいた。夕方に妻が産気づいたので、かねてからお願いしていた助産師さんに電話して来ていただいた。80代と50代の二人の助産師に両脇を支えられて赤ん坊が産み落とされたのは6時すぎだった。2歳の中の子とともに見守ってくれていた10歳の上の子がへその緒を切った。私がお湯を用意して枕元に運び、87歳の上野はつい助産師が産湯を使わせてくださった。言葉をかけながら、やわらかくやさしく赤ちゃんを包み込むようにして洗ってくださる手つきを家族みんなで見守っていた。産湯が終わると上野先生はひと仕事終えた表情で、別室でうまそうにタバコを吸ってから帰られた。

肌寒い夜だったので、電気のヒーターをふとんの近くに寄せて、赤ちゃんを挟んで妻と私は眠った。

あれから16年、そんな赤ちゃんも高校一年生となり、私の目の高さほどまで背が伸びた。新しい制服はまだ板につかないようだけれど、誕生日おめでとう。

写真はティラミス好きの娘に妻が作ったティラミスです


f:id:fransiscoofassisi:20200404231624j:image

カシワバアジサイと五目豆

雨上がり 庭に出ると緑が濃くなっていて、春がまた少し進んだ感じがします。カシワバアジサイの若葉が萌えいでていました。



f:id:fransiscoofassisi:20200403003024j:image

久しぶりに五目豆を作る。前の晩から大豆を水につけて戻しておいたところに昆布としいたけを入れてふやかして、火をつける。コトコトと煮て豆がやわらかくなったところでサイコロに切ったこんにゃく・にんじん・ごぼうを加えてさらに煮て、だし醤油と塩麹で調味。

おいしくできて家族にも好評でした。


f:id:fransiscoofassisi:20200403002750j:image